« タワー・オブ・テラー-4 | トップページ | タワー・オブ・テラー-6 »

2009年8月10日 (月)

タワー・オブ・テラー-5

Photo_5

では、前回の続きです。

 

Photo

コレがホテルのロビーです。

  

Photo_3

まず目に入るのは、この『高塔』と書かれた暖炉です。高塔っていうのは、英語にすると「Hightower」、つまり、ハイタワーⅢ世のことだと思います。そこまで自己主張しなくても…。

  

Photo_2

振り返ると、大きなステンドグラスがあります。こちらもやはりハイタワーⅢ世…。よく見ると、彼のステッキの先はNYを指しています。ニューヨーク№1の大富豪になったことを自慢しているようです。

  

Photo_4

ロビーの中央には、ずっとほったらかしにされていたであろうソファがあります。そのそばには、深緑色の謎のドレス(?)も置かれています。一体何なんでしょう…。

  

今回はここまで。次回は壁画などにも触れていきたいと思います。

|

« タワー・オブ・テラー-4 | トップページ | タワー・オブ・テラー-6 »

コメント

お久しぶりです('-'*)
実は千葉、タワー・オブ・テラー一回しか乗ったことありません・・・
ですので今回の記事はなかなか嬉しいです(*^o^*)絶叫系はおはずかしいことに・・・ダメなので
あまり記憶はありませんが不気味なロビーと、暖炉?だったかな、の上にあるハイタワー三世の肖像画は印象的でした。
1899年12月31日にハイタワー三世はどんな思いをしたのでしょうかね~(?_?)

投稿: 千葉 | 2009年8月10日 (月) 10時39分

このアトラクはホントに細かいつくりですよねぇ♪
スタンバイで100分以上じゃないと見れない場所があったり…(・・;)
ちなみにカエルは25分以下でしか乗らないので見たことないですww

ソファにおいてあるものは全て、ホテルのお客さんのであの事件以降ロビーにすら入れてもらえず、荷物などはそのままでツアーもスタートしたそうですcatface

投稿: カエル | 2009年8月10日 (月) 11時15分

アトラクションならではの細かいストーリーには、いつも驚かされます。
そんな所にもストーリーがあるなんて・・・。
タワーと言えば、シーのハロウィーンも楽しみですね♪
今からちょっと期待です☆

投稿: ふぃがろ | 2009年8月10日 (月) 11時25分

アメリカンな雰囲気のなかに「高塔」ってあって
かなりビックリしました

TOTは2回ほどライドしましたが
もう乗りません…

投稿: 美々 | 2009年8月10日 (月) 17時07分

<千葉
コメントありがとう(^^)。
えー!そうなんだ!13日は絶対乗るぞ!(笑
肖像画、確かにちょい不気味でインパクトあるかも…。


<カエルさん
最近は人気も落ち着いてきて、庭園などで並ぶ機会は少ないですね。

なるほど。だから手袋やスーツケース(?)も置きっ放しなんですね。勉強になりました!


<ふぃがろさん
本当に、毎回毎回新しい発見があって驚きます。
そうですね。CDのジャケットにもTOTが結構大きく載っていましたし…。
楽しみです(^^)。


<美々さん
“高塔”って確かに日本語ですよね。
いやいや、そこは勇気を振り絞ってもう一度ですよ!(笑

投稿: ダイチ | 2009年8月10日 (月) 20時36分

こんにちは。
ステンドグラスに書かれている英文は「The world is mine oyster, which I with sword will open.」
シェイクスピア作の「ウィンザーの陽気な女房たち」の一節です。
「世界を自らの思いのままにする」といった(英語の)慣用句的意味合いがあるそうです。

投稿: KoZ | 2009年8月17日 (月) 14時59分

<KoZさん
こんにちは(^^)
ほぉー、そんな意味があるんですね。知らなかったです…。
たしかに、地球のうえに立っているハイタワーⅢ世が「世界を自らの思いのままに」しているように見えます。

投稿: ダイチ | 2009年8月19日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タワー・オブ・テラー-4 | トップページ | タワー・オブ・テラー-6 »