« タワー・オブ・テラー-5 | トップページ | メアリー・ブレア展 »

2009年8月11日 (火)

タワー・オブ・テラー-6

Photo 夜…。

TOT特集も最終回です!(前回はこちら、前々回はこちら)

 

Photo_2

ロビーには、ハイタワーⅢ世の冒険の壁画がいくつか飾られています。イースター島からモアイ像を盗みだした絵、レイジングスピリッツからアクトゥリクトゥリ(詳しくはこちら)を盗み出す絵…。どれもハイタワーⅢ世の傲慢な性格を表していると言えます。

さて、↑の絵は冒険から帰ってきたハイタワーⅢ世と執事のスメルディングの様子を描いています。ハイタワーさんは誇らしげにポーズを決めていますが、お隣のスメルディングは何かに怯えているような…。

実は、彼はシリキ・ウトゥンドゥが呪いの偶像だということを知っていました。だから、帰りの船の中でその偶像のお世話をしていたのも彼でした。彼が見つめる木箱の中には、その恐ろしい偶像が入っているのでしょう…。

  

Photo_3

さて、その壁画の下には、あの落下したエレベーターが…。マンフレッド・ストラングさんは、この事故現場をハイタワーⅢ世の“墓標”と呼んでいました。

しかし、確かにハイタワーⅢ世はこの場所で謎の失踪を遂げたものの、一応「行方不明」というあつかいになっています。ということは、まだホテルのどこかに隠れているのか、あるいは、シリキ・ウトゥンドゥの力で異世界にでも送られてしまったのか…。

謎は深まるばかりです(- -)。

  

ここからは撮影禁止となってしまうため、残念ながらQラインの紹介は終わりです…。ぜひ、ご自身の目でたしかめみてください(^-^)。

|

« タワー・オブ・テラー-5 | トップページ | メアリー・ブレア展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タワー・オブ・テラー-5 | トップページ | メアリー・ブレア展 »