« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

さよなら2009年…。

2009 ミラコスタ…。

さぁ、もうすぐ2009年ともおさらばですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

僕にとって今年はとても充実した1年間でした。鼻の骨折に始まり、1つ学年が上がって、部活では後輩ができ、夏休みも思いっきり楽しみ、パークにも何度か行くことができました。ホント、楽しかったぁ…。

 

しかし!来年はですね、再来年の高校受験に向け、勉強に忙しい日々になるかもしれません…。そうすると、パークにも行けない⇒更新ができなくなる⇒閉鎖…と、なりかねません。もちろん、閉鎖なんてことにはなりませんが、更新の頻度はかなり減ってしまうかもしれません。ごめんなさいm(_ _)m

それでも、できるときは更新していきたいと思っていますので、来年もまた、よろしくお願いします(^^)

それでは、よいお年を。

| | コメント (4)

2009年12月29日 (火)

ティンカー・ベルと月の石

Photo

今日紹介する映画は、現在公開中の『ティンカー・ベルと月の石』です。昨年の冬から公開されているシリーズの第2弾(第1弾はこちら)で、映画『ピーターパン』に登場する妖精ティンカー・ベルが、ピーターパンと出会う以前のお話を描いています。

 

さて、それでは簡単なストーリーをご紹介…

ピクシー・ホロウの妖精たちは、秋の到来の準備に忙しい日々を送っていました。もの作りの妖精、ティンカー・ベルもいろいろな道具を作っています。そんな時、ティンカー・ベルはクラリオン女王から呼び出され、魔法の力を持つ“月の石”を納める“聖なる杖”を作る任務を与えられたのです。月の石は、青い妖精の粉を生み出す、妖精の命ともいえる重要なもの。慎重に作業をしていたティンクでしたが、完成間近というところでイライラしてしまい、親友テレンスと口論をしたあげく、失敗をテレンスのせいにしてしまいます。そのとき、月の石が壊れてしまい…。

…今回はティンクの親友テレンスが活躍してくれます。

 

Photo_2

こちらがテレンス君です。う~ん、なかなかのイケメンですね。ティンクの一番の親友で、妖精の粉を管理するという重要な仕事をしています。嫌いなことは“朝寝坊”だそうで、杖の製作中は、ティンクを毎日起こしにやってきます。それが喧嘩の原因にもなってしますのですが…。

ぜひ、注目してみてください(^^)

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

イクスピアリ

新しいカテゴリーをつくりました。RESORTな「場所」です。シーでもなくランドでもない施設、場所を紹介していこうと思います。

 

Photo

今日紹介するのは「イクスピアリ」です。2000年7月に開業した、JR舞浜駅の目の前にある「街」です。商業施設ではありますが、他に類を見ない特徴がたくさんあります。

Photo_2

コンセプトは…

「物語とエンターテイメントにあふれる街」

…シーやランドとは一味違った雰囲気で、建物のデザインや9つのゾーンにある140ものショップ&レストラン、季節にあわせたショーやイベントなど、魅力あふれる、まさに物語とエンターテイメントの街です。

 

イクスピアリという言葉は、体験を意味するExperienceと、ペルシア神話に登場する優しく善なる妖精 Peri から作られた造語だそうです。 
また、ディズニー映画メアリー・ポピンズに登場する楽曲 『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』からも名づけられたとされています。

 

Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

金欠気味中学生である僕は、ショッピングするというより街をぐるぐる歩き回るしかありません。しかし、それだけでも楽しいのがイクスピアリです。迷路のように入り組んだ、浅葱色(薄い青緑)とベージュを基調とする建物は、何度行っても新しい発見があります。上の写真も、そのほんの一部に過ぎません。

 

僕も数回しか行ったことがないのですが、そのたびに楽しさを発見できます。ぜひぜひ、パークやホテルと併せて、楽しんでみてはいかがでしょうか?

| | コメント (4)

2009年12月16日 (水)

フォートレス・エクスプロレーション-3/ナビゲーションセンター

Photo

今日紹介するのはフォートレス・エクスプロレーションにある「ナビゲーションセンター」です。この部屋では、小さなガリオン船をラジコンのように操縦することが出来ます(- -)

 

Photo_2 星空shine

2世紀頃の古代ギリシア時代、すでに地球球体説が唱えられ、プレトマイオスの世界地図はユーラシア大陸、アフリカ大陸まで描いていました。しかし、10世紀にはキリスト教的世界観により地理的知識は後退してしまいます。そして、船乗りたちは長い間、"地球は平らで、あまり遠くまで航海すると、地球の端から落ちてしまう"と固く信じることになるのです。(「日本ユニシス」公式ホームページより)

…S.E.A.のメンバーは、↑の考え方に基づいて、この場所を作りました。昔の航海には困難が付き物だったので、渦巻きや嵐、さらには怪獣までもが、このスペースに再現されています。

 

Photo_3 見にくくてごめんなさい…。

コレが操縦するガリオン船です。100円で約3分間の航海を楽しむことができます。

 

ナビゲーションセンターはちょっと見つけにくい場所にありますが、なかなかたどり着けないのも、要塞の魅力です…。ぜひ、平らな地球の航海を体験してみてください(^^)

| | コメント (4)

2009年12月 4日 (金)

アメリカンウォーターフロント-1

Photo

今日紹介するのはこちらのベンチです。アメリカンウォーターフロントのハドソンリバーブリッジ付近にあります。まぁあんまり目立たない、ただのベンチですね。

 

Photo_2

しかし!このベンチからは素晴らしいN.Y.の町の景色を見ることができるのです。タワー・オブ・テラーS.S.コロンビア号がとても絵になります。

 

Photo_3

そして、夜もまた一段と美しいです。暗い雰囲気で佇むタワー・オブ・テラーと、いざ処女航海!と美しく光るS.S.コロンビア…。

 

このベンチの詳しい場所は秘密です。ぜひ一度、座ってみてはいかがでしょうか?

| | コメント (9)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »