« 2010年2月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

SEAな「ゴミ箱」

Photo_12

今日は、パークのあちこちで見かける「ゴミ箱」を紹介します。↑の写真はディズニーシー・プラザにあるゴミ箱ですが、実は様々な工夫がされています。例えば、外からゴミが見えないポスト型になっていたり、押すだけでフタが開けられたり、分別の必要がなかったり…。また、エリアごとに異なるデザインになっていて、パークの風景を壊すこともありません。

 

というわけで、いろんなゴミ箱を紹介します(^^)

 

Photo_2

まずはメディテレーニアンハーバー。ベージュを基調としている、いかにもヨーロッパなデザインです。

 

Photo_4

こちらはフォートレス・エクスプロレーションのゴミ箱。チョコレートのような色と形ですが、背景にしっかり溶け込んでいます。

 

Photo_5

タワーオブテラー付近のゴミ箱にはニューヨーク市保存協会のマークが描かれています。ツアーに来たゲストにも配慮して設置したのでしょうか…。

 

Photo_6

こちらはメタリックなデザインが特徴的なポートディスカバリーのゴミ箱。PDのロゴがカッコイイです。

 

Photo_7

このゴミ箱はロスとリバーデルタにあります。さびついた缶が風景に馴染んでいて、一瞬、ゴミ箱だと分かりませんでした(^^;)

  

Photo_8 Photo_9 Photo_10

アラビアンコーストやマーメイドラグーン、ミステリアスアイランドのゴミ箱も、それぞれのテーマポートに合ったデザインです。他にもいろんなデザインがあるので、ぜひ探してみて下さい。

 

さて、これらのゴミ箱はパークのいたるところで見かけますが、なぜそんなにたくさんあるのでしょうか。実はこのゴミ箱たち、8m間隔で規則的に置かれているんだそうです。8mというのは「人がゴミを捨てるために移動するギリギリの距離」だそうです。つまり、ゲストのポイ捨てを減らす工夫なんですね。

パークは夢の世界です。ゴミが落ちていては、あっという間に現実に引き戻されてしまいます。そういう意味でも、ゴミ箱は重要な役割を果たしているのだと思います。

| | コメント (5)

2010年3月18日 (木)

ワールプール

Photo

今日紹介するアトラクションは「ワールプール」です。ワールプール(Whirl pool)とは水の渦typhoonという意味で、その名のとおり、潮の渦の中をグルグルと回るコーヒーカップcafeタイプのアトラクションです。

 

Photo_3

全体像はこんな感じ。乗り物はカラフルな海藻で出来ていて、8の字に回転します。このアトラクションを始めて見たとき、この8の字回転にビックリした記憶があります(^^;)

さて、このアトラクションの最大の特徴は、中央のハンドルがないことです。普通のコーヒーカップはハンドルを回してスピードを上げますが、ワールプールでは遠心力によって速度を上げます。つまり、カップのはじっこにみんなで座ると、ものすごい遠心力が生まれて、勢いよく回っちゃうわけです。子ども用のアトラクションかと思ったら大間違い。スリルもスピードもあって、癖になる楽しさがあります。ぜひ、乗ってみてくださいね(^^)

| | コメント (4)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年9月 »