2010年2月26日 (金)

舞浜駅

とても長い間お休みさせていただき、本当に申し訳ないです。なかなかパークの写真が撮影できなくて、正直、更新が厳しい状況です…。春休みにでもインできれば良いのですが、現状だと怪しいかな。…と言い訳をさせてください(^^;) まぁ、できる限り、SEAの魅力が伝えられるような記事を書いていきたいと思うので、今後もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

Photo

さてさて、今日紹介するのは「舞浜駅」です。皆さんおなじみ(?)のJR京葉線の駅で、その名の通り、東京ディズニーリゾートの最寄り駅となっています。実はこの駅、ランドの完成後の1988年12月1日開業だそうです。

まず目を惹くのは亀の甲羅ような変わった姿です。この駅舎のデザインは、JRとOLCが共同で行なったそうです。だから、普通の駅でもTDRに馴染んでいるのですね。ちなみに、舞浜という名称は、アメリカのマイアミビーチに因んでいるのだそうです。

 

Photo_2

僕はよくこの場所で、「さぁ、今日も思いっきり楽しもう!」みたいな気分になります。改札を抜けた瞬間に聞こえるディズニーソング、チラリと顔をのぞかせるシンデレラ城、目の前を駆け抜けるディズニーリゾートライン…。不思議と気持ちが高ぶります。

シーに電車で行かれる方は、ぜひこの舞浜駅にも注目してみてください(^^)

| | コメント (9)

2009年12月23日 (水)

イクスピアリ

新しいカテゴリーをつくりました。RESORTな「場所」です。シーでもなくランドでもない施設、場所を紹介していこうと思います。

 

Photo

今日紹介するのは「イクスピアリ」です。2000年7月に開業した、JR舞浜駅の目の前にある「街」です。商業施設ではありますが、他に類を見ない特徴がたくさんあります。

Photo_2

コンセプトは…

「物語とエンターテイメントにあふれる街」

…シーやランドとは一味違った雰囲気で、建物のデザインや9つのゾーンにある140ものショップ&レストラン、季節にあわせたショーやイベントなど、魅力あふれる、まさに物語とエンターテイメントの街です。

 

イクスピアリという言葉は、体験を意味するExperienceと、ペルシア神話に登場する優しく善なる妖精 Peri から作られた造語だそうです。 
また、ディズニー映画メアリー・ポピンズに登場する楽曲 『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』からも名づけられたとされています。

 

Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

金欠気味中学生である僕は、ショッピングするというより街をぐるぐる歩き回るしかありません。しかし、それだけでも楽しいのがイクスピアリです。迷路のように入り組んだ、浅葱色(薄い青緑)とベージュを基調とする建物は、何度行っても新しい発見があります。上の写真も、そのほんの一部に過ぎません。

 

僕も数回しか行ったことがないのですが、そのたびに楽しさを発見できます。ぜひぜひ、パークやホテルと併せて、楽しんでみてはいかがでしょうか?

| | コメント (4)

2009年11月10日 (火)

東京ディズニーシー・ステーション

最近、更新できなくてごめんなさい。かなり休んでしまいました…。しばらくはこんな状態かもしれませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

Photo

今日紹介するのは「東京ディズニーシー・ステーション」です。この建物は東京ディズニーリゾートの各場所を結ぶ「ディズニーリゾートライン」の駅の一つで、その名の通り、東京ディズニーシーの最寄り駅です。

 

Photo 2階の屋根

さて、この駅ですがとても変わったデザインですよね。実は18~19世紀のイタリアのトスカーナ地方のデザインと、近代的な雰囲気のデザインが混同しているんだそうです。確かに、1階は古風なベージュの壁でつくられ、ホームのある2階は茶色の屋根が現代風のデザインになっています。

 

Photo_2  

ゲストがリゾートライナーから降りると見えてくるのは、アクア・スフィアとミラコスタの景色です。パークの各所にある「フォトスポット」にもなっています。

今日一日、どんな旅や冒険が待っているのか…思わず胸を踊らせる瞬間です。

| | コメント (2)